記事一覧

ニュース RSS



昔から愛され続ける組み合わせ。日本酒と梅干しの楽しみ方

汗をたくさんかく暑い日には、酸っぱい梅干しで塩分補給して口の中をさっぱりしたくなりますよね。実は梅干しと日本酒は相性抜群で、さまざまな組み合わせで古くから親しまれてきました。今回は、日本酒と梅干しの楽しみ方をご紹介します。 梅干しと日本酒はなぜ相性が良い? どちらも日本人の食文化において重要な存在である梅干しと日本酒ですが、なぜ相性が良いのでしょうか。梅の実を塩漬けして作られる梅干しには、強い酸味と塩分が含まれています。この梅干しの味わいが、日本酒特有のふくよかな旨味をさらに引き立てます。日本酒には酸味や苦味は比較的少ないため、梅干しの味わいとぶつかることがなく、上手に調和してくれます。また、日本酒と梅干しの組み合わせは二日酔い予防にも効果的です。梅干しに含まれる「ピクリン酸」や「ピルビン酸」などの成分が肝機能を向上させ、体内のアルコールの排出を促すことで、二日酔いを防ぎます。梅干しの酸味のもとである「クエン酸」も、胃腸や肝臓の細胞を修復し、疲労回復を助けます。 梅干しと日本酒の楽しみ方 梅干しはそのまま日本酒のおつまみとして食べるだけでなく、日本酒の中に入れたり「煎り酒」を作ったりさまざまな楽しみ方があります。ここでは、梅干しと日本酒の楽しみ方をご紹介します。 熱燗に梅干しを入れる おちょこの中に梅干しを入れて、そこへ温めた日本酒を注いで、梅干し入りの熱燗を作ってみましょう。梅の香りがふんわりと漂い、温かい日本酒に酸味と塩味が染み渡ります。米と米麹のみを原料とする純米酒は体が冷えにくいと言われており、純米酒を使うことでより体の温まる一杯になります。 江戸時代の調味料「煎り酒」にする 「煎り酒」とは、醤油が普及する以前の室町時代から日本で広まり、古くから親しまれてきた調味料です。醤油の誕生とともに一度は姿を消したものの、近年また注目を集めています。原型は日本酒に梅干しを入れて煮立てて濾したもので、現代ではそこへ昆布やかつお節などを加えることで風味や旨味をアップさせています。わずかな塩分でしっかりとした旨味を感じられ、お刺身やおひたし、お豆腐などさまざまなお料理に合います。 梅干しを使ったおつまみと日本酒を楽しむ 梅干しを使ったおつまみは酸味と塩味が効いていて、日本酒との相性抜群です。そのままでしっかりと味がついている梅干しは、簡単な調理でもおいしいおつまみができるのが嬉しいポイント。種を取り除いた梅干しと鰹節を、スティック状に切ったキュウリと馴染ませれば、夏にぴったりのおつまみ「梅キュウ」に。茹でたささみにほぐした梅肉を合えただけでもさっぱりとおいしいおつまみになります。 日本酒により合う梅干しとは ひとくちに梅干しといっても、日本酒と同様、材料や製法によりその味わいはさまざまです。せっかく日本酒と共に楽しむなら、より相性の良い組み合わせを選びたいですよね。塩と赤じそで漬けた梅干し「赤じそ梅」は、キレ味のある辛口日本酒とよく合います。爽やかなしその香りが漂い、キリっと冷やした冷酒にもぴったりです。甘酸っぱい「ハチミツ梅」は、ふくよかな味わいの日本酒と合わせるのがおすすめです。塩だけで漬け込んだ王道の梅干し「白干し梅」は、どんな日本酒とも相性が良くオールマイティーに楽しめます。クセのないシンプルな味わいなので、日本酒そのものの風味を存分に楽しみたいときにおすすめです。 日本酒と梅干しを一緒に楽しもう 今回は、日本酒と梅干しの楽しみ方をご紹介しました。日本酒と梅干しは昔から日本人に馴染みのある組み合わせです。日本酒に入れたりおつまみにしたりと、さまざまな楽しみ方があります。京仕込キンシ正宗では、創醸天明元年(1781年)より京都の水と酒米、そして麹造りにとことんこだわった酒造りを続けています。ぜひ好みの味わいの梅干しとともに、日本酒とのマリアージュを楽しんでみてください。

続きを読む



日本酒の味わいを変える「火入れ」とは?生酒との違いもチェック

日本酒のラベルに記載してある「火入れ」や「生酒」など、言葉の意味を知ることで日本酒を選ぶ楽しみがより広がります。日本酒の製造過程で行われる火入れは、日本酒の味わいを左右する重要な工程です。今回は、火入れとはどのようなものか、生酒との違いについてご紹介します。 日本酒の「火入れ」とは 日本酒の「火入れ」とは、文字通り火を入れること、日本酒の加熱処理を指します。日本酒は、米、麹、水をアルコール発酵させて造られます。発酵が終わると熟成された醪(もろみ)ができ、これを絞ってろ過すると日本酒になります。ろ過をした後に火入れをし、貯蔵、ろ過、火入れと繰り返します。火入れでは、蛇管やパネルヒーターなどを用いて熱湯にくぐらせる方法や、瓶詰めしてから湯煎する方法が一般的です。そのまま火にかけて沸騰させると、アルコールが飛んで日本酒の香りが損なわれてしまいます。温度を60~65度に保って、適切な時間を守りながら慎重に行い、その後一気に急冷します。 火入れはなぜ必要? 火入れの目的は、日本酒の中に残った酵素の働きを止めて、酒質を安定させることです。酵素がそのまま残っていると、どんどん発酵が進み日本酒の味わいが変わってしまいます。また、日本酒を劣化させる火落菌を殺菌し、日本酒が白濁するのを防ぐ目的もあります。 火入れのタイミングによる日本酒の種類 火入れの回数やタイミングによって、日本酒の種類は異なります。日本酒のラベルには、火入れをしたお酒かどうか区別できるように表示されているため、日本酒を選ぶ際の判断基準となります。ここでは火入れによる日本酒の種類と、それぞれの特徴についてご紹介します。 生酒 生酒とは、火入れを全く行わない「生」の日本酒です。しぼりたてのフレッシュな香り、味わいをそのまま楽しめます。飲み口が軽く爽やかで、冷やして飲む「冷や」や日本酒ロックなどにも適しています。火入れをしていない分、保存できる期間は限られており、開栓後はなるべく早く飲み切る必要があります。 生詰め酒 生詰め酒とは、醪を搾った後割水をしてから貯蔵前に火入れを行い、出荷前には火入れを行わない日本酒です。生酒と同じように、爽やかでフレッシュな味わいが特徴です。生酒よりも酸味が落ち着いており、まろやかな口当たりが楽しめます。一度火入れをしている分、貯蔵する時点では発酵が止まっているため、生酒よりも品質が安定しています。しかし火入れを2回行った日本酒と比較すると品質は変化しやすいため、常温保存ではなく冷蔵庫で保存し、生酒と同じく開栓後はなるべく早めに飲み切りましょう。秋になると販売される「ひやおろし」や「秋上がり」などの日本酒も、生詰め酒の一種です。ひやおろしは、春に造った日本酒に一度火入れを行い、夏の間に熟成させ、秋に出荷します。熟成されることで、丸みのある深い味わいになります。 生貯蔵酒 生貯蔵酒とは、貯蔵前には火入れを行なわず、出荷する前に一度火入れを行なう日本酒です。生酒のようなフレッシュな味わいに加え、日本酒特有のふくよかな旨味やまろやかな口当たりが特徴です。「生」とつく日本酒の中では比較的品質を管理しやすく、味わいが変化しづらくなるものの、冷蔵庫での保管は必要です。 日本酒の味わいを左右する「火入れ」 今回は、火入れとはどのようなものか、生酒との違いについてご紹介しました。京仕込キンシ正宗では、創醸天明元年(1781年)より京都の水と酒米、そして麹造りにとことんこだわった酒造りを続けています。ぜひラベルに記載されている火入れの有無にも注目して、好みの味わいを見つけてみてください。

続きを読む



夏は氷でキリッと楽しむ!日本酒ロックの楽しみ方

梅雨が明けて、いよいよ本格的な暑さになってくるこの季節。冷たい飲み物でさっぱりしたいですよね。そこでおすすめなのが、日本酒ロックです。氷を入れることで日本酒の味わいもキリッと爽やかになるため、この季節にぴったりの飲み方です。今回は、日本酒ロックの楽しみ方をご紹介します。 夏にぴったり!日本酒ロックとは 温めて熱燗にしたり、冷やして冷酒にしたりと、好みの温度で楽しめるのが日本酒の魅力のひとつ。日本酒ロックは、氷を入れたグラスに日本酒を注ぎ、冷やして飲むものです。日本酒ロックの飲み方は1300年以上前には誕生していたとされ、古くから日本人に親しまれてきました。冷酒よりもさらにキリッと冷たく、軽やかな味わいを楽しめます。そのまま飲むよりもマイルドで飲みやすくなるため、日本酒初心者にもおすすめの飲み方です。飲み口が良くなることで食事とも合わせやすく、揚げ物や味の濃い料理と一緒にもおいしく飲み進められます。 日本酒ロックにおすすめな日本酒は? 日本酒は製造方法や原料によってさまざまな味わいがあります。日本酒ロックをよりおいしく楽しむべく、おすすめの日本酒をご紹介します。 原酒 日本酒ロックにおすすめな日本酒は「原酒」です。一般的に日本酒は、貯蔵後に水を加えてアルコール度数が15度前後になるよう調整します。原酒は、発酵させて絞った日本酒に水を加えずそのまま出荷したものです。日本酒ロックは、氷を入れているため時間が経つとともに薄くなっていきます。原酒は加水していない分、他の日本酒と比較するとアルコール度数が高いため、日本酒ロックにはぴったりです。氷と混ざることで少しずつマイルドな味わいに変化していき、「冷や」とはまた違った楽しみ方ができます。 生酒 一般的に日本酒は、製造過程で「火入れ」と呼ばれる60~65度ほどの加熱処理を行います。この火入れを1度も行わず、しぼりたてのフレッシュな味わいを楽しめるのが「生酒」です。生酒は冷やして飲むのに向いている日本酒で、ロックにすることで生酒特有の瑞々しさを堪能できます。生酒は火入れをしていない分、香りや味わいが変化しやすい繊細な品質です。一度開栓したら、味わいが損なわれる前になるべく早く飲みきりたいもの。そのまま飲むのはもちろん、日本酒ロックにして味わいを変化させて楽しむのが良いでしょう。 にごり酒 白く濁った「にごり酒」には、微炭酸ガスによる発泡感があります。日本酒ロックにすることで、にごり酒独特のコクのある味わいとシュワシュワとした爽快感をより強く味わえます。暑い日にぴったりのすっきりとした飲みごたえです。開栓直後のものの方がシュワシュワをしっかりと感じられるため、開栓したらすぐに日本酒ロックとして楽しむのがおすすめです。 日本酒ロックを楽しむポイント 日本酒ロックをよりおいしく楽しむには、氷やグラスにもこだわりましょう。氷の質やサイズによっても、日本酒ロックの味わいを大きく異なります。小さな氷だとすぐに溶けて日本酒が薄まってしまうため、日本酒ロックには大きめの氷を使いましょう。不純物やミネラルが含まれている氷だと熱伝導率が高く溶けやすいため、お店で売られているロック用の氷だとベストです。グラスは、背が低くて飲み口が大きめのものがおすすめです。大きな氷を浮かべて、日本酒の味わいの変化をじっくり楽しむことができます。 暑い夏は日本酒ロックでさっぱり爽快に 今回は、日本酒ロックの楽しみ方をご紹介しました。日本酒はそのまま飲むイメージが強いかもしれませんが、ロックにすることでスッキリと爽やかな味わいを楽しめます。京仕込キンシ正宗では、創醸天明元年(1781年)より京都の水と酒米、そして麹造りにとことんこだわった酒造りを続けています。ぜひ夏ならではのお楽しみとして、味わいの変化を感じながら日本酒ロックをじっくり堪能してみてください。

続きを読む



甘い口当たりでまろやかに。日本酒×スイーツのペアリング

日本酒に合うおつまみと言えば、塩辛いものや和食が思い浮かぶかもしれません。そんなイメージを覆してくれるのが、「日本酒×スイーツ」のペアリングです。香り高い日本酒と甘いスイーツの組み合わせは、日々の疲れを癒すリラックスタイムにぴったり。今回は、日本酒×スイーツのペアリングのコツをご紹介します。 「スイーツ×日本酒」のペアリングの魅力とは? 日本酒にはアルコール独特の風味があり、普段お酒を飲み慣れていない方にとっては少々飲みづらく感じることもあるでしょう。しかしスイーツと組み合わせることで、アルコールの風味が抑えられまろやかになるため、飲みやすくなります。日本酒初心者の方にもおすすめです。また日本酒とともにスイーツを並べることで、見た目も華やかに楽しめます。おしゃれなボトルの日本酒と華やかなスイーツを組み合わせたり、酒器とスイーツの色合いを合わせたり……見た目がグッと華やかになるため、普段の晩酌はもちろん友人を招いたホームパーティーや女子会にもぴったりです。 日本酒と相性抜群なスイーツ では、日本酒にはどのようなスイーツを合わせると良いのでしょうか。ここでは日本酒と相性抜群なスイーツをご紹介します。 チーズケーキ 日本酒と同様に発酵食品であるチーズを使用しているチーズケーキは、日本酒とよく合います。日本酒のアルコール感がチーズの独特な臭みを和らげつつ、まろやかなコクは活かしておいしく食べられます。特に酸味のある日本酒を合わせると、奥深い旨味と甘味を感じられます。 チョコレート ウイスキーやラム酒、シャンパンなど、洋酒に合うおつまみとして世界中で愛されているチョコレート。近年では日本酒入りのボンボン・ショコラも販売されており、日本酒との相性も抜群です。チョコレートにも製造過程に発酵工程があり、甘味や酸味、苦味、コク、香りなど複雑なバランスで成り立っています。複雑で深みのある日本酒と合わせることで、一体感が生まれます。 和菓子 日本酒と和菓子は、どちらも日本発祥の文化だけあって相性抜群です。実は古くから楽しまれてきた組み合わせで、新潟では江戸時代の頃から、ゆべしと日本酒が一緒に楽しまれていたそうです。和菓子のまったりとした濃厚な甘さが、日本酒の旨みをより引き立ててくれます。日本酒はお米を主原料として作られるため、特にあんこ系の和菓子とよく合います。 スイーツに合う日本酒とは? 日本酒には、種類ごとにさまざまな香り・味わいがあります。香り高い薫酒や口あたりが軽やかな爽酒、コクのある醇酒、深い味わいの熟酒など、日本酒やスイーツの特徴に合わせて、香りや味わいの近いものを選ぶのがポイントです。羊羹やあんこを使った和菓子には、さわやかな味わいの日本酒が合います。もち米が使われているだんごや大福などは、米の香りが芳醇な純米系の日本酒だとよりおいしさを引き立ててくれます。チョコレートのような甘いスイーツには、香り豊かな熟成酒がおすすめです。酸味のあるチーズケーキには、同じく酸味のある生酛系の純米酒を合わせるとさっぱりとおいしく食べられます。フルーツにはフルーティーな香りのある薫酒、吟醸酒や大吟醸酒がおすすめです。メロンやぶどうなど季節のフルーツと日本酒を合わせて、旬の味わいを楽しむのも良いでしょう。ドライアプリコットやイチジクなど、濃厚な甘みとねっとりとした食感のドライフルーツもよく合います。 日本酒とスイーツのペアリングを楽しもう 今回は、日本酒×スイーツのペアリングのコツをご紹介しました。「いつもと少し違った晩酌を楽しみたい」というときは、とっておきのスイーツを用意してみましょう。普段飲んでいる日本酒でも、また違った味わいで楽しめます。京仕込キンシ正宗では、創醸天明元年(1781年)より京都の水と酒米、そして麹造りにとことんこだわった酒造りを続けています。ぜひスイーツと合う日本酒を選び、新たなペアリングを楽しんでみてください。

続きを読む



日本酒×チーズは相性抜群!日本酒に合うチーズの選び方

日本酒と合わせる料理は和食、ワインにはチーズ……というのが定番の組み合わせですが、実は近年「日本酒×チーズ」の組み合わせが話題になっています。たくさんの種類があるチーズの中から日本酒と相性抜群なものを選ぶと、日本酒の楽しみ方がさらに広がります。今回は、日本酒とチーズの相性が良い理由、日本酒に合うチーズの選び方についてご紹介します。

続きを読む